本ホームページの土木用語集には、2022年6月23日現在3183の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン フーチングについての土木用語解説

ぴったり土木用語

フーチングとは (ふーちんぐ)

柱や壁の下部にあって、上から伝わる荷重を地盤に低減して伝えるために、接地面積を拡大した版状の構造物。

〔追記する〕

関連用語



1.盛替えとは (もりかえ)

仮締切の場合、最終掘削時からフーチング打設を行い、腹起しや火打ちなど躯体の邪魔になるので、適切な盛替えが必要となる。 Replacement

2.竪壁とは (たてかべ)

橋台の一部。パラペット(胸壁)とフーチング(基礎)の間の雑多としたとこ

3.ベルタイプ基礎とは (ベルタイプきそ)

杭基礎の施工法で特殊基礎に分類される。海底地盤中に必要な本数の鋼管杭をくい打ち船により打ち込む。その後、陸上の工場で予め製作しておいた橋脚やその下のフーチングを大型海上クーレンで鋼管杭上に置き、水中コンクリートを打設して、海中等に橋脚をつくる基礎工法である。


ほかの専門用語を検索する