本ホームページの土木用語集には、2020年7月6日現在3069の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン プレキャストについての土木用語解説

ぴったり土木用語

プレキャストとは (ぷれきゃすと)

precast.あらかじめ工場や現場近くのプラントで製作された製品で、現場で制作されたものより高品質で部材も小さくなる場合が多い。二次製品ともいう。

〔追記する〕

関連用語



1.PCとは (ぴーしー)

プレストレストコンクリートの略。プレキャストコンクリートの略。

2.プレキャストコンクリートとは (ぷれきゃすとこんくりーと)

(precast concrete)工場、工事現場内の製造設備によって、予め製作されたコンクリート部材又は製品。

3.鉄筋挿入工とは (てっきんそうにゅうこう)

鉄筋挿入工は,斜面に鉄筋やロックボルトなどの比較的短い棒状補強材を地山に多数挿入することにより,地山と補強材の相互作用によって移動土塊や斜面上の岩塊等を安定化させる工法である。
のり面工との併用で,補強材とのり面工が結合され,補強材と一体となり補強効果をなす。また,補強材の長さがアンカー工よりも短く,比較的崩壊規模の小さい斜面に適用される。
のり面工には,吹付工や吹付枠工,プレキャスト製パネルなどがある。

4.PCとは (ぴーしー)

プレストレストコンクリートの略。プレキャストコンクリートの略。

プレストレストコンクリート(prestressed concrete):引張りに弱く圧縮に強いコンクリートの性質を利用して、荷重により生じる引張力以上の圧縮力を導入して造られたコンクリート。

5.PCとは (ぴーしー)

プレキャストコンクリート(precast concrete):工場、工事現場内の製造設備によって、予め製作されたコンクリート部材又は製品。


ほかの専門用語を検索する