本ホームページの土木用語集には、2019年9月18日現在2980の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン ポンプ浚渫についての土木用語解説

ぴったり土木用語

ポンプ浚渫とは (ぽんぷしゅんせつ)

ラダー(吸入管)を海底に降ろし、カッターを回転させて土砂を切り崩し、海水と共に大型ポンプで吸い込み、排砂管を使って運ぶ浚渫方式。

〔追記する〕

関連用語



1.クリスマスとは (くりすます)

ポンプ浚渫船をアンカーワイヤー係留するときに使う装置。クリスマスツリーに似ているから。

2.ドラグサクション船とは (どらぐさくしょんせん)

自航式ポンプ浚渫船のこと。泥艙をもつ。

3.ブースターとは (ぶーすたー)

ポンプ浚渫、コンクリートポンプ圧送工事において、運搬距離をのばすため途中に入れる再圧送用ポンプ。

4.ポンプ浚渫船とは (ぽんぷしゅんせつせん)

船体から吊りおろした吸入口より、スラリー状の土砂を吸い込む方式の浚渫船。通常、船首にラダー、船尾にスパッドを要し、排砂管により浚渫土砂を目的地まで直接排送する。大規模浚渫に適している。

5.マイクロポンプ船とは (まいくろぽんぷせん)

小型のポンプ浚渫船。

6.吹き伸ばしとは (ふきのばし)

ポンプ浚渫船での埋立方法の一種。排出土が良質でマウンド上を重機が移動できる場合、排出上に配管し、埋立範囲を広げていく方法。

7.余水吐とは (よすいばき)

余剰水を流す通路、放水路。ポンプ浚渫において埋立地に排出された余水の流出口

8.零号とは (れいごう)

ポンプ浚渫において、水上部に布設した管と陸上部に布設した管との接合部。

9.漏らし吹きとは (もらしぶき)

ポンプ浚渫土砂により埋め立てる際、排砂管の接続部に木片などを入れ、下部に空隙を設けて土砂を流出させる工法。


ほかの専門用語を検索する