本ホームページの土木用語集には、2020年8月13日現在3093の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン リバース工法についての土木用語解説

ぴったり土木用語

リバース工法とは (りばーすこうほう)

回転ビットによって掘削し杭穴に水を満たし、水圧によって孔壁を防護する。ポンプによって水を循環させ、土砂を水とともに吸い上げるノーケーシング工法。

〔追記する〕

関連用語



1.プランジャーとは (ぷらんじゃー)

リバース工法のコンクリート打設開始時トレミー管に入れる底蓋。

2.逸水とは (はやみず?)

土木工事、機械掘削による場所打ち杭工法の留意点、リバース工法、掘削中の逸水に伴う急激な孔内水位の低下等に対応可能な設備を整えておく。


ほかの専門用語を検索する