本ホームページの土木用語集には、2022年8月3日現在3190の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 深礎工法についての土木用語解説

ぴったり土木用語

深礎工法とは ((しんそこうほう))

掘削全長にわたる山留めを行いながら、主として人力により掘削する。ライナープレートや波形鉄板等の山留め材を用いて孔壁保護を行う。

〔追記する〕

ほかの専門用語を検索する