本ホームページの土木用語集には、2019年10月17日現在2984の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 澪についての土木用語解説

ぴったり土木用語

とは (みお)

は河川だけではなく海でも使われます。海ではデルタ河口部の浅海や干潟地帯で、深さ1~5m位の深さで水の流れる筋が筋です。船の航行できる水路として重宝されてます。干拓で筋を堤防で遮断する工事を留(みおとめ)工事と言う。

〔追記する〕

関連用語



1.作工とは (さくれいこう)

滞留した水の通りを良くするため局部的に深い溝(筋)を作り、海水交換の促進を図る工法

2.筋とは (みおすじ)

平時に流水が流れている道節。川幅は広くとも筋はその一部であり,しかも川の法線どおりではなく,曲がりくねっているのが普通です。より自然な川の流れをつくり出すには,改修前の筋を良く観察して,改修後もできるだけ同じ筋が形成されるよう配慮することが重要です。計画高水流量は増えても平時の流量は変わらず,平時の水の流れは従前の筋に沿う形が最も自然だからです。

3.掘りとは (みおぼり)

水質浄化などを目的に、小規模な水路を設けること。


ほかの専門用語を検索する