本ホームページの土木用語集には、2019年10月17日現在2984の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 軽量盛り土工法についての土木用語解説

ぴったり土木用語

軽量盛り土工法とは (けいりょうもりどこうほう)

盛り土本体の重量を軽減し、原地盤へ与える盛り土の影響を少なくする工法で、盛り土材として発泡剤(ポリスチレン)、軽石、スラグなどが使用される。
期待される効果:全沈下量減少

〔追記する〕

ほかの専門用語を検索する