本ホームページの土木用語集には、2019年5月15日現在2980の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン エキスパンについての土木用語解説

ぴったり土木用語

エキスパンとは (えきすぱん)

エキスパンデッドメタル(expanded metal)薄鋼板に切り目をつけ、引張って作られる。

〔追記する〕

関連用語



1.目地とは (めじ)

コンクリートの場合目地状の溝を掘りシーリングを充填しておくことで、経年変化で伸縮した際にできる亀裂はシーリング処理された溝の底に誘発される。これを「クラック誘発目地」という。
コンクリートの熱膨張や地震などの外力を逃がすために、一定単位ごとに切り離して設置する物は「伸縮目地」もしくは「エキスパンションジョイント」という。


ほかの専門用語を検索する