本ホームページの土木用語集には、2020年10月29日現在3140の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン バイブロハンマーについての土木用語解説

ぴったり土木用語

バイブロハンマーとは (ばいぶろはんまー)

互いに組となる偏心重錘を同位相で逆回転し、鉛直振動を発生させる装置。これを用いて杭や鋼矢板を打つことを振動打撃工法という。

〔追記する〕

関連用語



1.プレハブ鋼矢板セル工法とは (ぷれはぶこうやいたせるこうほう)

鋼矢板を円形に組み立てた後、大型クレーン船で現地に運搬し、多数のバイブロハンマーによって一気に鋼矢板を打ち込む工法。

2.バイブロハンマ工法とは (バイブロハンマこうほう)

バイブロハンマー工法とは、直接打撃工法の一つ。バイブロハンマーの強制振動力(起振力・振幅・加速度)を杭に伝達し、杭周辺の土粒子間の結合を低下させることで、杭を地中に貫入する工法。クレーンで吊下げたバイブロハンマーで杭を掴み、バイブロハンマーと杭の自重によって杭を打ち込む。電動式と油圧式がある。環境に配慮し低振動・低騒音で施工する場合、油圧式バイブロハンマーを使用する。バイブロハンマー単独による施工が難しい硬質地盤では、ウォータージェットを併用する。


ほかの専門用語を検索する