本ホームページの土木用語集には、2019年8月8日現在2977の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 平均断面法についての土木用語解説

ぴったり土木用語

平均断面法とは (へいきんだんめんほう)

ある測点の断面積をS1とし、その次の測点の断面積をS2とする。2点間の距離をLとする。2測点間の体積(V)はV=(S1+S2)÷2×L 。このようにして土量や体積を求める方法。

〔追記する〕

ほかの専門用語を検索する