本ホームページの土木用語集には、2020年9月28日現在3126の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 端太についての土木用語解説

ぴったり土木用語

端太とは (ばた)

型枠の面板を押さえるバタ材のこと。バタ角のこと。三寸角の木材。

世界一流のスーパーコピーブランド時計 N級バッグ、財布 専門サイト問屋
https://bit.ly/2zEZP9o

最高品質のロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、
ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー激安販売中
弊社は販売バッグ、財布、 小物、靴類などでございます。
1.当社の目標は品質第一、信用第一、ユーザー第一の原則を守り、心地よい親切で最高のインターネットサービスご提供することです。
2.品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
3.弊社長年の豊富な経験と実績があり。輸入手続も一切は弊社におまかせてください。質が一番、最も合理的な価格の商品をお届けいたします。
4.お届け商品がご注文内容と異なっていたり、欠陥があった場合には、全額ご返金、もしくはお取替えをさせていただきます。
弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう、
送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています!
下記の連絡先までお問い合わせください。
是非ご覧ください!
休業日: 365天受付年中無休
URL:https://bit.ly/2zEZP9o

〔追記する〕

関連用語



1.端太角とは (ばたかく)

型枠を押さえたり、枕に用いる10cm角程度の粗く製材した木材。ばた。

2.覆工板とは (ふっこうばん)

工事のために開いた部分を、一時的にもとに戻し、仮に使えるような状態にすることを、覆工という。

たとえば、地下工事で土を搬出した後を、通れるように仮に覆うこと。
この時に使う鋼鉄製の部材を覆工板という。

しかし、覆工板は大規模な土木工事に使われ、住宅などでは端太角(ばたかく)や
コンパネで覆うことが多い。


ほかの専門用語を検索する