本ホームページの土木用語集には、2020年9月23日現在3123の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 遮断層についての土木用語解説

ぴったり土木用語

遮断層とは (しゃだんそう)

路床土が地下水と共に路盤に浸入して、路盤を軟弱化するのを防ぐ為、路盤の下 に置かれる砂層。 通常は、設計CBRが2の時、厚さ15~30cm程度の層を設ける 。叉、遮断層は路床の一部と考え、舗装厚には含めない。

路床土が路盤に侵入するのを防止するもので、シルト分の少ない砂やクラッシャーラン等で、厚さ15~30㎝を設ける。

〔追記する〕

ほかの専門用語を検索する